1㎜にも満たない緻密な線を積み重ね描き出す壮大な世界。「池田学展 The Pen -凝縮の宇宙-」開催中

2017.04.22

rd850_1《誕生》2013-2016 Photo by Eric Tadsen for the Chazen Museum of Art)

圧倒的なアートの力は、時に人から言葉を奪います。極めて緻密な線を積み重ねて描かれたその世界観は、観る人を惹き付けて離しません。今回は、現在金沢21世紀美術館で開催中の「池田学展 The Pen -凝縮の宇宙-」をご紹介します。

本展覧会の中でも注目の作品は、2013年より、アメリカはウィスコンシン州のチェイゼン美術館にて3年以上にもわたり制作した、新作「誕生」。自然災害を乗り越え、文明が再生していく光景を壮大に描写しているこの作品は、今年2月に、佐賀県が1億3200万円で購入したことでも話題になりました。

rd850_2(photo:Clayton Adams ©IKEDA Manabu)

rd850_7(《予兆》2008 株式会社サステイナブル・インベスター(神楽サロン)蔵 撮影:久家靖秀)

緻密な描写と壮大な構成によって紡ぎ出され、まるでSFの世界へ来たような気持ちになる池田氏の作品。極めて緻密な線を積み重ねて描くため、1日に描かれる面積は、僅かに握りこぶしほどだそうです。

本展覧会は、画家としてのキャリアのスタート時から現在までの作品、およそ120点がほぼ集結。今回は、世界的にも大きな評価を得ている池田氏の多くの作品を直に鑑賞できる希少な機会です。ぜひお見逃しなく。

 

 ■「池田学展 The Pen -凝縮の宇宙-」
期間:2017年4月8日(土) 〜2017年7月9日(日)
時間:10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:金沢21世紀美術館 展示室1〜6
休場日:毎週月曜日(ただし5月1日は開場)
料金:一般=1000円(800円)大学生=800円(600円)小中高生=400円(300円)65歳以上=800円
※( )内は団体料金(20名以上)
https://www.kanazawa21.jp/

 

 

 

《関連記事はこちら》

京都の歴史とアートが融合したフォトフェスティバル「KYOTOGRAPHIE」開催

関連キーワード

Area