あなたが描いた生物が植物館のどこかにいる? 夜を鮮やかに彩るデジタルアートイベント開催

2017.08.21

main「世界を旅し、感動する植物館」をコンセプトに、原産地の植生を再現した8つのゾーンに特徴的なシンボルツリーを植栽し、世界を旅するように珍しい植物や花、果実を展示する山口・宇部市の「ときわミュージアム 世界を旅する植物館」。その「ときわミュージアム 世界を旅する植物館」とチームラボが9月15日(金)より興味深いコラボレーションイベントを開催します。普段は夕方に閉まるところを、会期中のみ特別に夜間開場し、「グラフィティ ネイチャー – 世界を旅する植物に住まう生き物たち」を展示します。昼とはまったく違う表情の夜の植物館を楽しめます。

おもしろいのは来場者が描いた様々な生き物が植物館内のどこかで見られるだけではなく、
その生き物たちが、他の生き物を食べたり、食べられたりしながら生息するところ。
描いて生まれた生き物は、他を食べると増え、しばらく食べることができないと死んでいなくなる。 蝶は、花がある場所で増え、花は、人々がじっとしているとたくさん咲き、踏まれると散っていく。ワニは、人々にたくさん踏まれると死ぬ。人々が描いた様々な生きものたちによって、1つの生態系が植物館で創られていきます。

夜の植物館という普段は足を踏み入れることができない場所というだけで興奮しますが、自分たちが描く生き物がそこに生息し、一つの生態系を形成しているという滅多にない体験。探検気分で足を踏み入れてみては。

 

チームラボ 宇部市ときわ公園 2017 グラフィティ ネイチャー – 世界を旅する植物に住まう生き物たち
会場: ときわミュージアム 世界を旅する植物館
   山口県宇部市野中三丁目4番29号
会期: 2017年9月15日(金)~11月5日(日)
時間: 19:00〜22:00(入館は21:30まで、無休)
https://www.teamlab.art/jp/e/ube2017-botanical/