ニュース

良質な睡眠を約束するまったく新しい暖房「SmartHeater2」

2015.12.13

re1511MONO_20smartheater2
睡眠の質を高める暖房

「SmartHeater2」は睡眠について徹底的に考えてつくられた、寝室に最適な暖房です。2003年に東京で設立したまだ若い家電メーカー「バルミューダ」が開発しました。

製品の最大の特徴は、独自の構造を持ったアルミラジエーター。良質な睡眠を約束するロイヤルスリープモードをスタートさせると、最適な温度で運転を始め、起床時間までを自動運転。冬の冷え込んだ朝でも、心地よい寝起きを与えてくれる優れものなのです。

re1511MONO_20smartheater10
まったく新しい構造のアルミ製ラジエーター方式

独自開発されたアルミラジエーター方式は、音もホコリもたてず、燃焼もないので空気を汚しません。熱伝導性に優れたアルミニウム素材をラジエーターに使用することによって、シートヒーターから発される熱が素早く伝わり、広さにもよりますが部屋全体を約10分で暖めます。

これは、従来のオイルヒーターの場合、全体が暖まるまでに約50分を必要としていたのに比べ、格段に速い立ち上がりスピードを実現しました。そして無駄のない正確な温度コントロールを実現しました。

re1511MONO_20smartheater1
世界からも認められたモダンなデザイン

「SmartHeater2」は、日本では「グッドデザイン賞BEST 100」、ドイツでは「iFデザインアワード」や「iFゴールドアワード」など、国際的に権威のあるデザイン賞を受賞し、世界各国から認められています。

さらに注目したいのが、人工知能搭載による省エネ温度コントロールシステムです。190Wから1300Wまで7段階の細かい出力制御を行い、最小限のエネルギーで運転することが可能。ロイヤルスリープモードで1日8時間使用した場合の電気料金は、1日あたり約133.9円。(外気温は東京の12月下旬の平均気温、電気料金は27円/kWhで計算しています)一ヶ月使い続けても4,017円と、経済的。

省エネで環境にも優しく、自然な暖かさを提供してくれる新構造のアルミラジエーター。Wi-Fiモデルはスマートフォンからのコントロールも可能で、家に帰る前から部屋の暖めや、外出してから気づいたうっかり消し忘れの運転停止など、離れたところからの操作が可能です。上質な眠りとともにこの冬を越したいところです。

 

SmartHeater2 スタンダード
6万9000円(税別)

 

■お問い合わせ先
バルミューダ株式会社
東京都武蔵野市境南町5-1-21
電話0120-686-717
http://www.balmuda.com/jp/smartheater/

 

≪関連リンクはこちら≫

北欧デザインのエッセンスが加わった「い草」のラグ

最高の香りと食感を実現した感動のトースター「BALMUDA The Toaster」

Area