ワンランク上の快適空間 高速夜行バス「ドリームスリーパー」

2016.04.19

 

rd850_2-2
プライベートな快適空間

「ドリームスリーパー」は、快適な眠りと上質なリラクゼーションを提供しながら横浜と広島の間を一晩かけて移動する高速夜行バスです。座席は、多くのバス会社で導入されている現代ユニバースという車種に単独2列仕様、14席しかありません。

一人あたりの空間は、4列仕様と比較して3倍のスペース。通常の豪華仕様である3列仕様と比較しても2.5倍の広さが確保されています。それぞれのシートはパーティションで区切られ、エグゼクティブシートはカーテンで仕切られたプライベート空間になっています。

シートはゼログラビティシートとエグゼクティブシートの2種類で、どちらも快眠を得られるように西川のムアツクッションが採用されています。ゼログラビティシートは、背もたれ角度を40度、座席角度を30度、フットレストを水平にして浮遊感につつまれて快適な眠りを得ることができます。

床面はカーペット敷きになっており、車内は土足厳禁です。乗車中は靴を脱いで、リラックスして過ごすことができます。車内後部には清潔なトイレと共にLED照明が装備されたパウダールームが用意されています。

 

次ページ《ワンランク上の快適装備