旅行

【京都市】里山で自然美を楽しむ料理旅館「芹生(せりょう)」

2016.07.14

rd850_084_01

大原の地で「もうひとつの京都」を堪能

京都市の北側に位置する大原。「京都大原三千院」があることでも知られるこの地は、観光客でにぎわう京都市街と異なり、豊かな自然に包まれたスポットです。今回紹介する「芹生」は、里山の景色が広がる大原にひっそりと佇む宿。大原を囲む美しい山々と、わびさびを感じる日本庭園の風景に、「もうひとつの京都」を楽しむことができるでしょう。

rd850_084_02
美しい日本庭園に面するくつろぎの空間

客室は全部で9部屋。露天風呂付きの客室が2部屋、落ち着いたしつらえの和室が4部屋、そしてモダンな雰囲気の洋室が1部屋、またナチュラルカラーで統一された和モダンな「TATAMIツイン」が2部屋用意されています。それぞれに個性が異なりますが、どの部屋も宿泊客の居心地を重視した落ち着いた空間となっています。

rd850_084_03
また、全ての客室は日本庭園に面しており、窓からは美しく整えられた日本ならではの美を堪能することができます。和室で眺める庭園も素晴らしいのですが、洋室や和モダンなTATAMIツインから見る庭も、また妙味のあるものになっています。

次ページ《京の里山に湧く天然温泉で疲れを癒やす》

Area