旅行

石井宏子の<ここにしかない日本>

~ 酒の肴はあぶった烏賊がいい ~: 青森県・五所川原「津軽鉄道・ストーブ列車」

2017.01.21

rd1700_tsutetsu1

アテンダントさんが切っているのは、切符ではない?!

津軽五所川原駅を発車して程なく、ぷ~んと車内を漂う、なんとも芳ばしい薫り。通路に立ちどまったアテンダントさんの手元を良~く見ると、切符拝見だと思いきや、切っていたのは「するめ~?!」。そう、何を隠そう、これがこの列車の当たり前の光景。まさに「お酒の肴は、ダルマストーブであぶった‟スルメ烏賊“がいい~♪」なのです。

激寒の厳しい時期にこそ、ぜひ乗車してみたいと思っていた津軽鉄道の「ストーブ列車」は、昭和5年の全線開業の冬から運転をしている歴史ある名列車です。

rd1700_tsutetsu2rd1700_tsutetsu3切符にパッチンと鋏を入れて……

そうそう、かつて切符は堅くて厚みがあって、改札口で駅員さんがパッチンと鋏を入れてくれていたのでした。今や自動改札やICカードなどが主流になって、こういうワクワク感は、もう地域鉄道にわずかに残っているだけ。津軽鉄道の始発駅は津軽五所川原駅、JR五能線と並んでホームがあるのですが、一度外へ出て、レトロモダンな津軽鉄道の駅舎を眺め、映画の世界のような場所で津軽鉄道の切符を購入。そして、もうひとつ、大切な「あるもの」をピックアップ。

 

次ページ《車内販売でストーブ列車を楽しむ三種の神器を入手》

KEY WORD

Area