どんな女性を誘っても最高のオールマイティの温泉宿 静岡・西伊豆「富岳群青」

2017.04.04

1-min

西伊豆で唯一、富士山の両裾野を海の向こうに望める宿

この連載は、大人の男性にデートスポットをご紹介するもの。つまり、ここに女性を連れて行くのがよいですよ、というおすすめです。

が、しかし。どんなデートスポットがよいかは、当たり前ですが、女性によって変わります。

たとえば、いずれご紹介するつもりですが、いわゆる「名宿」として知られるなかには、深い山中の一軒家で客室の壁は薄いベニヤ板で隣の声や音は丸聞こえ、トイレも水道も共同とすべてがざっかけなく、しかし温泉最高に素晴らしく、食事もとても美味しい、というところがあります。

で、そういう宿は、都会育ちのお金持ちの女子なんかだと「えー、ありえないんですけど」となる可能性が大。真逆に「わあ! 面白ぉーーい!!」とよろこぶ可能性もありますけど。でも、そんな情緒溢れるところは、やはり「わびさび」のわかる大人な女史が向いていますね。

ほかにも単純に、和食好きなのか、洋食好きなのか、とか。海辺のリゾートホテルがよいのか、山間のオーベルジュが好みなのか、とか。都心の外資系ホテルのスウィートルームが似合うとか、老舗の高級旅館がしっくりくるとか。

要するに、誘う女性の趣味や趣向や個性などによって、デートスポットはさまざまに変える必要がある。それを上手に使い分けられるのが、本当に格好いい大人の男、ということなのですね。

2-min3-min建物のつくりやデザインがどんな女性にもフィット

さて。そういう意味で、今回、ご紹介するのはことさら特別な宿です。だってオールマイティなのですから。

宿の名前は「富岳群青」(ふがくぐんじょう)。西伊豆で唯一、富士山の両裾野が海の向こうに望める、という高台に建つ温泉宿で、富士山の別称である「富岳」に、駿河湾の美しい青色の「群青」を合わせたのが名前の由来です。

オールマイティであるのは、まず、建物のつくり。日本全国から稀少な古材を集めて梁にした建物は、さながら老舗旅館のような上質で落ち着いた佇まい。という一方で、全体のデザインはモダンで都会的で、建物の中央にウォーターガーデンを配するなど随所がハイセンス。そんな和と洋が溶け合ったラグジュアリーな空間が、女子にも、女史にも、あらゆる女性の趣味や趣向や個性などなどにフィットするのです。

 

次ページ《和食好きにも、フレンチ好きにも、オールマイティ》