日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

横山大観・生誕150周年。「足立美術館所蔵 横山大観と近代日本画名品展」が新潟で開催。

2018.04.12

横山大観@新潟新津美術館01

横山大観「霊峰四趣・夏」 昭和15年 足立美術館(島根県安来市)所蔵

今年で生誕150周年を迎える横山大観。2018年は近代日本画壇の巨匠である彼の回顧展が、各地で開催されます。4月7日(土)からは新潟市秋葉区の新津美術館で、「足立美術館所蔵 横山大観と近代日本画名品展」がスタート。今展では、横山大観の作品22点を含む近代日本画の名品55点が公開されています。

横山大観@新潟新津美術館02

横山大観「神州第一峰」 昭和7年 足立美術館(島根県安来市)所蔵

足立美術館の創設者・足立全康(あだちぜんこう)は、戦後に繊維問屋、不動産関係の事業家として成功した後、美術品のコレクターとして知られるようになった人物。幼少の頃から日本画へ深い興味を持ち、昭和45年に自身の故郷・島根県安来市に創設した足立美術館は、広大な日本庭園と優れた近代日本画中心の所蔵品で知られています。特に横山大観コレクションは代表作を含めて120点にも及び、日本随一と高い評価を受けています。

今回はその中から、横山大観の「神州第一峰」「霊峰四趣・夏」「海潮四題・夏」「龍興而致雲」、上村松園の「娘深雪」、橋本関雪の「唐犬図」などが出品されています。新潟県で足立美術館の所蔵品が公開されるのは、今展が初めて。なかなか目にすることのできない大観の逸品を、この機会にぜひ楽しんでみては。

 

◆足立美術館所蔵 横山大観と近代日本画名品展
会場:新潟市新津美術館
住所:新潟県新潟市秋葉区蒲ケ沢109-1
TEL:0250-25-1300
会期:2018年4月7日(土)~5月20日(日)
時間:10:00~17:00(観覧券販売は16:30まで)・月曜日休館(ただし、4/30、5/14は開館)
当日券:一般1,300円、大学・高校生700円、中学生以下無料
https://www.city.niigata.lg.jp/nam/index.html
https://www.city.niigata.lg.jp/nam/exhibitions/FY2018exh/adchi-niigata2018.html
監修:足立美術館 https://www.adachi-museum.or.jp/