日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

細さ0.1㎜の繊細かつダイナミックな表現。「切り師 長屋明 奇跡の切り絵展」

2019.01.10


カッター1本で創り出す切り絵作品

日本古来の伝統芸のひとつでもあるハサミ芸。最近では、ハサミをカッターに持ち替えて、より細密に仕上げるレース切り絵などもあり、アートとして高く評価されています。

日比谷シャンテにある複合型のブックショップ「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」で、1月21日(月)まで開催されている『切り師 長屋明 奇跡の切り絵展』。カッターを使ってわずか0.1㎜の線を切り出し、ダイナミックな構図で仕上げる「糸切り絵」シリーズや「アニメヒーロー」シリーズ、毛筆の筆跡をそのまま切り抜く「書を切る」シリーズなどが好評の切り絵アーティスト長屋明氏の作品を多数展示するほか、作品の一部は購入することもできるそう。また、1月13日(日)には、長屋氏がレクチャーしながら切り絵体験ができる実演セミナーも企画されています。


毛筆の繊細な筆致まで切り絵で表現する「書を切る」シリーズ

元々は寿司職人の笹バランの細工に興味を持ち、独学で切り絵を始めたという長屋氏。2011年から切り絵アーティストとして活動を開始し、2012年にはニューヨークで個展を開催するなど、国内外で創作活動を続けています。

今回の展覧会では、作品を手に取るように近くで見られるほか、作者本人から実際に指導が受けられるセミナーもあり、趣味として切り絵を始めてみたい方にもおすすめ。気に入った作品は購入して手元で楽しむことができるのもこの展覧会の魅力です。

大胆な構図と細やかな線が織りなす切り絵アートには、ため息が出るばかり。繊細に切り取られた作品の隅々までじっくり鑑賞できる貴重な機会ですから、年始のお買い物のついでに日比谷へ足を運んでみてはいかがでしょう。

 

◆切り師 長屋明 奇跡の切り絵展
開催期間:2018年12月27日(木)~2019年1月21日(月)
開催場所:HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE ギャラリースペース(日比谷シャンテ3F)
開催時間:11:00〜20:00
入場料:無料

◆店内・実演セミナー開催
開催日時:2019年1月13日(日) ①12時~ ②15時~ ③17時~
参加費:3,000円(税込)※材料費込
公式サイト・申し込み詳細:https://www.hmv.co.jp/news/article/1811270010/