日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

日本の季節を表した愛らしい玉羊羹「発酵さしすせそ羊羹 五季」

2016.03.12

 rd850_1602EAT07_itsuki2
酒、塩糀、酢、味噌、醤油ので5つの彩り、日本の五季を表現

5種の彩りは移り変わる5つの季節、春夏秋冬と土用の五季を表しています。その色と味わいは“発酵のさしすせそ”が生み出す自然な素材味が正体です。

 酒(透明)は、富士の水から作られた日本酒を使用し、キラキラ輝く春の日差しを表現しています。抹茶塩糀(緑)は、濃厚で上品な抹茶と塩糀のほのかな塩味が特徴で、新緑が芽吹く夏をイメージ。りんご酢(赤)は、爽やかな酸味と香りでさっぱりとした後味、鮮やかな紅い色合いが、美しい紅葉を連想させます。白味噌(薄黄)は、国産の大豆から作られたまろやかな白味噌を使用、雪深い冬の情景をイメージしています。そして醤油糀(茶)は、醤油ではなく醤油糀をこし餡に忍ばせました。“土用”である大地が表現されています。

 

次ページ《日本の若い世代から海外の方へ、届けたい和菓子の文化