日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

特集「夏に呑みたい日本酒5選」:日本酒キュレーター あおい有紀さんが夏にぴったりな5本をセレクトしました

2016.07.19

rd500_4
04.萩の鶴 純米吟醸 別仕込み(猫ラベル) 

宮城県栗原市にある萩野酒造の夏の定番は、夕涼みをしている猫のラベルがかわいらしいこちらのお酒。

「猫ラベルにもいくつか種類があり、春にはお花見をしている猫ラベルもあります。夏酒はリンゴ酸の感じが出ている爽やかな味わいで、暑い夏でもスイスイいただけます。少しピリっとした炭酸ガスが残っている感じも気温が高い時期にちょうどいいですね。優しい甘さとほどよい酸味があるので、普段お酒を飲まない人でも飲みやすいはずですよ」

価格:720ml 1512円 1.8L 3024円

■お問い合わせ
萩野酒造株式会社 
電話:0228-44-2214
http://www.hagino-shuzou.co.jp/

rd500_0719 17563
05.角右衛門 純米吟醸 荒責混和 夏酒 (白くまラベル)  

秋田県の木村酒造による夏酒は、透明なボトルに白くまが描かれていて、まずそんな見た目から涼やかさを感じます。

「“あらばしり”と“責め”をブレンドしたものです。これは日本酒を搾る時の工程の言い方で、一番始めにでてくる部分があらばしり、そのあとが中取り、最後に重しをのせて搾るのが責めです。フレッシュ、そして凝縮感ある味わいの始めと終わりの部分をブレンドしているわけなのですが、混ぜることによってキレがよくなりみずみずしい仕上がりとなっています。ほとばしる若さのようなフレッシュ感ですね。少し寝かせることで角もとれて、味が落ち着きすっきりとした飲み口を楽しめます」

価格:720ml 1357円 1.8L 2804円(ともに参考価格)

■お問い合わせ
木村酒造 
電話:0183-73-3155
http://www.fukukomachi.com

文/大石智子
選者/あおい有紀

【あおい有紀の〈気になる日本酒〉】一覧記事はこちら
https://www.premium-j.jp/yuki-aoi/

1618001

 あおい有紀

フリーアナウンサー・和酒コーディネーター

テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。フィールドワークを信条とし、全国の酒蔵に200回以上足を運ぶ。酒蔵ツアーや日本文化×日本酒のコラボイベント、様々な国籍の料理×日本酒のマリアージュイベントなどの企画・主催をはじめ、各地での講演、セミナー講師多数。ル・コルドン・ブルー日本酒講師。観光庁「平成25年度 官民協働した魅力ある観光地の再建・強化事業」にて、目利き役。女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 

【資格】きき酒師、焼酎きき酒師、WSET(International Higher Certificate in Wines and Spirits)、一級フードアナリスト、日本箸教育講師など