日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

夏のトワイライトタイムにはホテルのバーで、「大人のカキ氷」を

2018.06.15

大人のカキ氷01
竹炭を使った真っ黒な「ゴス・カキ氷」(1,800円・税サービス料別)

季節を問わず氷を食す愛好家を“ゴーラー”と称し、大ブームとなっているカキ氷。真冬でも行列が絶えない人気店は全国各地に存在しています。とはいえ、やはり暑い夏に食べるカキ氷のおいしさは格別。今夏おすすめしたいのが、JR品川駅に直結する、ストリングスホテル東京インターコンチネンタル26階のレストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」の「大人のカキ氷」です。こちらは同ホテルの人気恒例企画で、今夏は真っ黒な「ゴス・カキ氷」とフルーツ満載の「メルヘンカキ氷」の2品が登場します。

シャンパングラスに盛られた黒い氷は、竹炭で色付けられたコーヒー味のカキ氷で、その名も「ゴス・カキ氷」。カルーアリキュールとラム酒が効いたコクのある味わいに、試験管に入ったブランデーベースのミルクシロップが添えられています。

大人のカキ氷02

豆乳ベースの「メルヘンカキ氷」(1,800円・税サービス料別)

一方、フルーツやエディブルフラワーを添えた「メルヘンカキ氷」は、豆乳ベースのカキ氷にビーツで色付けしたパステルピンクの氷と、牛乳ベースの白い氷の2層仕立て。ウォッカのシロップをかけていただきます。

この「大人のカキ氷」企画、毎年斬新なアイディアと完成度の高さで、カキ氷ファンの間では話題となっているもの。以前は、生ハムメロンカキ氷なども登場して好評を博したそうです。

白と黒、どちらのカキ氷も、夕方からバーで提供されるため、アペリティフとして楽しんでもらおうと、お酒が効いた大人の味わいなのが特徴です。 会社帰りにホテルのバーでくつろぎながらカキ氷……。そんな新しい楽しみ方が、品川界隈では当たり前になるかもしれません。

 


◆ストリングスホテル東京インターコンチネンタルの「大人のカキ氷」
期間:2018年7月1日(日)~8月31日(金)
場所:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル「ザ・ダイニング ルーム」
住所:東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー26F
TEL:03-5783-1258(直通)
時間:バータイム17:00~0:00(L.O.23:30)