日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

マイナス20℃の新食感“どら焼き”。老舗和菓子屋「中尾清月堂」が夏季限定商品「凍り清月」を発売

2018.07.09

 

夏でもスッキリ食べられるアイスのような冷凍どら焼きが、明治3年創業の老舗和菓子屋「中尾清月堂」から本日発売されました。夏季限定商品「凍り清月(小豆あん/庄川ゆずあん)」は、看板商品「清月」の味を損ねることのないよう、皮と餡の配合を改良し、マイナス20℃で最も美味しい味・食感を実現した驚きの商品です。

 

「小豆あん」冷凍庫から取り出して5分ほどで餡がとろっとしてきます

「小豆あん」は従来の清月の餡よりもスッキリ感を重視した味で、「庄川ゆずあん」は地元庄川の食材であるゆずを使用した爽やかな酸味のある夏にぴったりな味わい。 美味しい食べ方は、冷凍庫から取り出し、まずは一口。アイスのような食感を楽しみながら、徐々に全体が溶け出したら、もう一口。皮に少しのふんわり感が戻ったら甘さ、香り、食感ともに至福の食べごろになり、モチっとした生地と、最初カチコチ・あとシャリシャリの餡による新食感が3回も楽しめます。

どら焼き4

上:庄川ゆずあん/下:小豆あん(各250円 税込) 

冷凍商品のため全国発送が可能なこちら、ぜひご賞味あれ。

 

◆夏季限定・冷凍専用どら焼き「凍り清月」
種類 : 2種(小豆あん/庄川ゆずあん)
価格 : 250円(税込)
発売日 : 7月9日(月)

◆中尾清月堂
http://nakaoseigetsudou.jp/