篠原 敬「六角蓋物」篠原 敬「六角蓋物」

Events

【2/8(木)〜18(日) 東京・セイコーハウス銀座ホール】

2024.2.2

セイコーハウス銀座 白と黒のやきものに魅せられた陶芸家による四人展。「薪で焼いた 白と黒のシャープネス」

篠原 敬「六角蓋物」径15×h19cm

セイコーハウス銀座ホールにて、陶芸家の谷 穹氏、田淵太郎氏、篠原 敬氏、髙山 大氏による四人展「薪で焼いた 白と黒のシャープネス」を開催。会期は2024年2月8日(木)から18日(日)まで。


谷 穹「信楽 蹲」 谷 穹「信楽 蹲」

谷 穹「信楽 蹲」径21×h19.1cm


田淵太郎「窯変白磁面取花入」 田淵太郎「窯変白磁面取花入」

田淵太郎「窯変白磁面取花入」w18×d18×h51cm


独自の白の表現を追い求める谷 穹氏と田淵太郎氏。そして黒の世界に魅了され、黒陶にこだわる篠原 敬氏と髙山 大氏。白と黒のやきものに魅せられた四人は、薪窯で作品を焼成し、自身のやきものに深く対峙する姿勢が共通しており、そんな彼らが作り出すやきものは、プリミティブかつ現代的な造形が魅力だ。会場には、今回の能登半島地震で工房が甚大な被害を被ったものの、震災前に発送を終えていたため、幸いにも展示が可能となった、篠原敬氏の珠洲焼の作品も出品される。


髙山 大「黒陶四方壺」 髙山 大「黒陶四方壺」

髙山 大「黒陶四方壺」w20.3×d13.4×h25.5cm


また、2月10日(土)、11日(日)には、出品作家4名によるギャラリートーク(予約制)も予定。静かに語りかけるような四者四様の白と黒の表現世界を、ぜひ堪能してはいかがだろうか。

 

◆「薪で焼いた 白と黒のシャープネス」
【会期】2024年2月8日(木)~18日(日)
【会場】セイコーハウス銀座ホール(東京都中央区銀座4-5-11 セイコーハウス銀座 6階)
【営業時間】11:00~19:00(※最終日は17:00まで)
【休業日】無休
【入場料】無料

 

◆出品作家4名によるギャラリートーク
2月10日(土) 司会進行:森 由美さん(陶磁研究家)
2月11日(日) 司会進行:川北裕子さん(パナソニック汐留美術館学芸員)
両日ともに、14:00~(予約制)
予約・問い合わせ:和光 美術部(03)3562-2111(代表)

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Events

2024.2.15

京都で、大河ドラマでも話題の壮大なる物語の世界へ。「よきかな源氏物語」

Events

2024.2.14

グランドハイアット東京、本場・中国のトップシェフを招聘。「パーク ハイアット 上海」…

Events

2024.2.13

メズム東京、オートグラフ コレクション  かの有名な「ミロのヴィーナス」がアフタヌー…

Events

2024.2.10

通常非公開の京都・両足院にて開催。RYOSOKUアートプログラム 企画展「瞑想回廊#3」

Events

2024.2.10

アフタヌーンティーで、とちあいかを堪能する期間限定メニュー

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。