日照をシュミレーションしてデザインされた1200枚のパネルが目を引く © Nacása & Partners Inc

Features

未来のライフスタイルを六本木で体験

2019.5.14

住まいとモビリティの未来がここに。
「EQ House」が提案する人とモノが繋がる暮らし

日照をシュミレーションしてデザインされた1200枚のパネルが目を引く © Nacása & Partners Inc

スマートハウスやインテリジェントハウス、マルチメディア住宅など、ホームオートメーションシステムを搭載した住宅は、“近未来の住まい”として各企業が開発を進めている。
そしてまた、自動車の自動運転技術も住宅と同じようなコンセプトで開発が進化しているものだ。運転アシストやパーキングアシスト、自動ブレーキシステムなどはすでに実用化され、住まいもモビリティも、私たちがコントロールすることなく、自ら考えて成長していく時代がやってくる。

電気自動車EQCが生活空間の中心に入り込む © Nacása & Partners Inc 電気自動車EQCが生活空間の中心に入り込む © Nacása & Partners Inc

電気自動車EQCが生活空間の中心に入り込む © Nacása & Partners Inc

六本木に、約2年間の期間限定で出現した「EQ House」は、そんな未来の住宅とモビリティとの関係を具現化した体験施設。設計と施工を竹中工務店が担当し、建物内にはメルセデス・ベンツが新たに日本で展開する電気自動車「EQC」が展示されている。この「EQ House」では、リビングの中にEQCが入り込み、暮らしと自動車が住まいの中でクロスするスタイルを提案している。


駐車スペースとリビングを区切るのはガラスインターフェース © Nacása & Partners Inc 駐車スペースとリビングを区切るのはガラスインターフェース © Nacása & Partners Inc

駐車スペースとリビングを区切るのはガラスインターフェース © Nacása & Partners Inc

室内中央に設置されたガラスのインターフェースには、明るさや室温などの情報が表示され、建物と人を繋ぐ役割を果たす。さらに、建物内に設置された各設備が人を介在せずに繋がり、快適な住環境を作り出す。それは、外部の状況や人の動きなどを感知し分析して、住む人に合わせて成長する家と言える。

 

「EQ House」を形作る1200枚の外観パネルは、365日の日照パターンや気象をシュミレーションし、最適な形や配置を決定。建築物そのものが、周辺環境へも住む人へも、ダイレクトに繋がって変化するため、自然の中に存在する1つの生命体のような印象を受ける。「住居」、「住む人」、「モビリティ」がシームレスにつながる暮らしは、すぐそこまで来ている。

 

「EQ House」は、Mercedes meのすぐ隣にある施設。1Fにあるカフェ「DOWNSTAIRS COFFE」でカジュアルなコーヒーブレイクの合間に、また、2Fのレストラン・バー「UPSTAIRS」での食事の前後に、「EQ House」で近未来を体験してみたい。

◆EQ House

東京都港区六本木7-3-10 Mercedes me Tokyo隣接

10:00〜20:00

https://www.mercedes-eq.jp/#house

https://www.takenaka.co.jp/eq_house/index.html

Features

2019.7.10

グラスの中の輝く星を味わう夜。ブルガリ銀座タワー「ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラ…

Features

2019.7.8

形ないものが空間を覆いつくす存在感。森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」で感じる魂…

Features

2019.7.4

カオスが生むエレガンス。三嶋りつ惠のガラス作品から着想の「ウィークエンド マックスマ…

Features

2019.7.3

こだわりのフレーム設計と絶妙なデザイン。「J of JINS」からサングラスコレクションを展開

Features

2019.7.1

5万坪の庭園が魅せる夏と秋。足立美術館で「美人画」展と「明治・大正・昭和の日本画」…

Features

ページの先頭へ