「3種のメロンテイスティング」680円、「赤と青のメロンパフェ」1,750円など、メロン専門店ならではのオリジナルメニューが揃う。(税別)

Features

青森・つがる市が発信するメロンの世界

2019.7.31

五感を刺激する魅惑の果実。青森県つがる市がプロデュースする、体験型のメロン専門店「果房 メロンとロマン」が神楽坂にオープン

「3種のメロンテイスティング」680円、「赤と青のメロンパフェ」1,750円など、メロン専門店ならではのオリジナルメニューが揃う。(税別)

あくなき品種改良や栽培の工夫など、日本人がフルーツへそそぐ愛情は限りない。高級フルーツとして君臨してきたメロンもそうだ。日本各地で青肉種、赤肉腫など、それぞれたくさんの種類が栽培されている。青森県は全国4位の収穫量を誇るが、その7割がつがる市産。東京・神楽坂にオープンしたメロン専門店「果房 メロンとロマン」は、つがる市特産の5種類のメロンを中心に世界中から旬のメロンを集めた、つがる市が運営する体験型のアンテナショップだ。

メロン色のタイルで彩られた店内には、イートインスペースやメロンフレーバーテイスティングができるコーナーもある。 メロン色のタイルで彩られた店内には、イートインスペースやメロンフレーバーテイスティングができるコーナーもある。

メロン色のタイルで彩られた店内には、イートインスペースやメロンフレーバーテイスティングができるコーナーもある。


網目を表現したコースターで品種別に感触を確かめたり、メロンの色をイメージした万年筆インクで文字を書いたり。食べる以外にもメロンを体感できる空間は、香りや味だけではなく、視覚や聴覚、触覚でもメロンを味わってもらいたいという思いから。まさに体験がキーワードとなっている。

つがる市の名産、「タカミ」や「ホームラン」など5種類のメロンをイメージしたオリジナルカラーの万年筆インク。 つがる市の名産、「タカミ」や「ホームラン」など5種類のメロンをイメージしたオリジナルカラーの万年筆インク。

つがる市の名産、「タカミ」や「ホームラン」など5種類のメロンをイメージしたオリジナルカラーの万年筆インク。

店内では、国内外から仕入れた旬のメロンを食べ比べできるメニューや、エスプーマかき氷、メロンパフェなどが味わえるイートインスペースを設けており、存分に楽しめる。もちろん、テイクアウトでメロンやスイーツを持ち帰ることも可能だ。「もっと愛されるフルーツにしたい」という、つがる市の夢と野望、ロマンが詰まったユニークなアンテナショップで、メロンのおいしさを再発見してみたい。

◆「果房 メロンとロマン」
東京都新宿区神楽坂3-6-92
11:30~17:30
月・火曜日定休
https://melon-roman.com/

Features

2019.11.13

ハイレゾ音源をストリーミング配信で堪能する「mora qualitas(モーラクオリタス)」

Features

2019.11.7

東京編は隈研吾も執筆。ルイ・ヴィトン「シティ・ガイド」「ファッション・アイ」刊行

Features

2019.11.6

室内から庭、自然へとグラデーションで広がるMUJI HOUSE「陽の家」

Features

2019.11.4

2019秋冬ブーツコレクション「BIRKENSTOCK COZY BOOT」が彩る快適な冬

Features

2019.10.31

ルイ・ヴィトン財団で回顧展が開催中。シャルロット・ぺリアンに捧ぐバラ

ページの先頭へ