日本の細やかな美容思想とヨーロッパの技術が融合したコスメブランド「ANNAYAKE」。日本の細やかな美容思想とヨーロッパの技術が融合したコスメブランド「ANNAYAKE」。

Features

男女ともに癒される五行思想のスパ

2019.10.7

新しくなったThe Okura Tokyoに日本初上陸のブランド「ANNAYAKE(アナヤケ)」によるスパがオープン

日本の細やかな美容思想とヨーロッパの技術が融合したコスメブランド「ANNAYAKE」。

2019年9月12日にオープンしたばかりのThe Okura Tokyoに、フランスから日本初上陸となるユニークなコンセプトのスパが登場した。都心で最上級のフィットネス環境を持つOkura Fitness & Spa内にあり、男性も女性も共にリラックスできる空間と極上のトリートメントを提供している。

炭や葛などを利用する日本の伝統的な美容成分を取り入れた「ANNAYAKE」のコスメは、世界25か国で展開されている。 炭や葛などを利用する日本の伝統的な美容成分を取り入れた「ANNAYAKE」のコスメは、世界25か国で展開されている。

炭や葛などを利用する日本の伝統的な美容成分を取り入れた「ANNAYAKE」のコスメは、世界25か国で展開されている。

オークラ プレステージタワー27階のスパに参入したのは、フランスのブランド「ANNAYAKE(アナヤケ)」だ。“East meets West”をテーマに、東洋と西洋の美容を融合したスキンケアアイテムを展開している。スパトリートメントでは、東洋の自然哲学“五行思想”をベースに、火・水・木・金・土の5つのメニューを用意。男性や若い世代へおすすめのデトックスコース「Tsuchi」、忙しいビジネスパーソンにおすすめの疲労回復コース「Sui」など、男女を問わず体調に合わせて選択できるメニューとなっている。

5つのメニューは、フェイシャルとボディの2種類のコースを提供している(19,000~33,000円  メニュー、施術時間により異なる)。 5つのメニューは、フェイシャルとボディの2種類のコースを提供している(19,000~33,000円  メニュー、施術時間により異なる)。

5つのメニューは、フェイシャルとボディの2種類のコースを提供している(19,000~33,000円 メニュー、施術時間により異なる)。


トリートメントに用いるのは、コラーゲンを再強化する効果が期待できる葛の成分を配合したシリーズや、アミノ酸やミネラルを多く含む竹の抽出液を配合したシリーズなど、「ANNAYAKE」の人気スキンケアアイテム。さらに、ゲストの状況に合わせてアイテムをプラスし、オーダーメイドのトリートメントメニューを提供する。

男性には、活性炭やオウバク樹皮エキスで過剰な皮脂を取り除く、MENシリーズのアイテムも備えている。 男性には、活性炭やオウバク樹皮エキスで過剰な皮脂を取り除く、MENシリーズのアイテムも備えている。

男性には、活性炭やオウバク樹皮エキスで過剰な皮脂を取り除く、MENシリーズのアイテムも備えている。

スパトリートメントルームは完全個室の7室。2名で利用できるツインルーム、浴槽やスチームサウナを完備した個室まで用意している。各個室にはメニューに合わせたフレグランスを香らせ、さらにリラックスできるよう演出。窓からの眺望を楽しめる個室も4室あり、開放的な空間で施術を受けられる。東洋と西洋の思想が融合したスパのトリートメントは、人種も性別も年齢も問わず、訪れるゲストの心と身体を癒し、疲労回復や再生を促してくれる。最上級のフィットネス環境を持つOkura Fitness & Spaで、心身ともに安らぐ時間を体験してみたい。

◆Okura Fitness & Spa(オークラ フィットネス アンド スパ)
東京都港区虎ノ門2-10-4
The Okura Tokyoオークラ プレステージタワー27階
10:00~22:00(日曜~21:30) 完全予約制
https://theokuratokyo.jp/experience/fitness_spa/

Features

2019.10.16

ヴァン クリーフ&アーペルと漆芸作家 箱瀬淳一の技を堪能するメイキングムービー公開

Features

2019.10.11

東京と京都で「ガブリエル シャネル アフタヌーンティー アット フォーシーズンズ」開催

Features

2019.10.3

生活に美を与える「山形緞通」のデザイナーライン2種・「KOU」と「TOCHI」

Features

2019.10.2

皮膚の常在菌に着目したスキンケア「リオヴェリテ」で美肌を育てる

Features

2019.9.25

福岡アジア美術館で「アジア美術、100年の旅」展の熱気を目撃する秋

ページの先頭へ