伝説のシャープペンシル「スマッシュ0.3㎜」、中高生からの熱い支持に応えて復刻発売

2019.03.23

 

芯径0.3㎜が復刻した「スマッシュ」1,000円(税別)

ぺんてるの「スマッシュ」は、1987年の発売以来、製図用シャープペンから引き継がれたこだわりの機能とスタイリッシュなデザイン、書き心地の良さで、文字通りスマッシュヒットとなったシャープペンシル。1本1,000円という高価格ながら、知る人ぞ知る名品として長年愛されてきました。近年は、見た目のカッコよさと書き心地がSNSで話題となり、中高生の間で人気が再び高まっています。

過去に芯径0.3㎜のものが発売されていたことがありましたが廃番となり、現在は0.5㎜だけをラインナップ。しかし、細かな文字を書くのに最適な0.3㎜のものを復刻して欲しいという中高生からの熱い要望があり、2019年3月23日(土)、芯径0.3㎜の「スマッシュ」が再発売されました。さらに、スマッシュの開発当初のコンセプトを表現したカラフルな限定色も同時に発売されます。


3種類の限定カラー(0.3/0.5mm)も同時発売 1,000円(税別)

「スマッシュ」の大きな特徴と言えば、ペン先とグリップが1つのパーツでできていること。書いているうちにペン先のパーツが緩むことがありません。しかも、ペン先には製図用シャープペンに使われている長めの4㎜パイプを採用し、書いている文字が見えやすいのも魅力。小さな四角のラバーが並ぶグリップは握りやすく、ペン先の方をやや重くしてバランスがとりやすいよう工夫されています。

プロユースの製図用シャープペンから機能を継承し、“タフに使える一般向けの1本を”と開発された「スマッシュ」。発売から30年も売れ続け、世代を超えて愛される理由は、シンプルなデザインとこだわりの機能、使う人の心をつかむ書き心地でしょう。

0.3㎜バージョンの「スマッシュ」が復刻して、増々盛り上がるシャープペン市場。原点回帰か、全く新しい機能を持つ製品が台頭するのか、文房具の世界も目が離せませんね。

 

◆シャープペンシル「スマッシュ」
販売:全国の文具取扱店およびオンラインショップ
価格:1,000円(税別)
公式サイト:http://www.pentel.co.jp/products/automaticpencils/smash_2/