一日一組限定。まさにプレミアムな茶懐石料理 “水光庵” :ライフスタイルキュレーター 渡辺ゆり子

2017.01.01

あけましておめでとうございます。
“一年の計は元旦にあり”ということで、2017年何か始めますか?
私は、ずっとお休みしているお茶のお稽古でもそろそろ再開したいと思っています。

今回ご紹介するのは、お茶のお教室を併設しているお料理屋さん“水光庵”です。
友人の紹介で、お食事を頂きました。

ここでは嵐山吉兆に17年間務めた石田知裕氏が、料理、茶道、習字の教室をしながら、一日一組に限り、料理を出されています。石田氏のご自宅でもあるので、紹介制をとっていらっしゃいます。

rd1400_(1_1)DSC04642rd1400_(1_2)DSC04650
ドアを開けると、茶室独特の炭の良い香りが漂います。炭点前のお道具や煙草盆などがさり気に置かれている玄関を見ると石田氏が茶道にたしなみがある事が伺えます。奥には8人掛けのテーブルが一卓あるダイニングルーム。

rd1400_(2_1)DSC04645rd1400_(2_2)DSC04648rd1400_(2_3)DSC04637
ダイニングルームからは、茶室が見えるようになっています。京都の職人さんを呼び寄せて造られた本格的な炉が切られている茶室では、石田氏による表千家の茶道教室が開かれています。

rd1400_(3_1)DSC04640rd1400_(3_2)DSC04646
ダイニングルームの壁に掛かっている書は、石田氏が書かれています。お茶室のお軸も!力強さ溢れている書です。

rd1400_(4_1)DSC04639rd1400_(4_2)DSC04652
静かな落ち着いた空間でお食事が始まります。
サービスは、なんとお教室の生徒さん達。靴を脱いでいるということもあいまって、元嵐山吉兆の料理という固いイメージが、家庭的なほんわかムードでお料理が進みます。

 

《次ページへ》