「梵・超吟」720ml

Stories

Premium X

酒造りの誇りを胸に。世界が認める日本酒・蔵元選

2020.3.9

6. 日本のもてなしを代表する日本酒 梵 十一代目 当主 加藤団秀は福井県鯖江から世界へ飛び立つ

「梵・超吟」720ml

福井県鯖江市はメガネフレームの国内最大生産地(97%シェアー)として有名だ。そして鯖江にはメガネとならぶ、もうひとつの名品がある。それが万延元年(1860年)に日本酒製造を始め、160年の歴史を誇る加藤吉平商店の「梵(ぼん)」である。現在、105ヶ国の在外公館(大使館や領事館)で採用されるなど、伝統と格式のある席で頻繁に用いられる日本酒であることから、日本酒愛好家には「国賓をもてなす日本酒」というイメージを持つ人が多いようだ。それは昭和のはじめに、昭和天皇の御大典の儀(即位式)に供される地方選酒として選ばれたことから始まった。まさに地元の人々に愛される地酒蔵だった加藤吉平商店の大きな転機であった。

 

酒造りへのこだわりには強いものを感じる蔵だ。「梵」を、日本酒を、グローバルにしたいという十一代目 加藤団秀は、精力的に海外へプロモーションのために飛び立つ。どうしたら世界に通用するかを考え、たどり着いたのが酒造りへのさらなるこだわりだった。酒米は兵庫県特A地区産契約栽培山田錦と福井産五百万石、地下約184mの深さの井戸から汲み上げた白山連峰の伏流水と米麹だけを用い、添加物は一切加えない。米は徹底して白く磨く。そして、長期氷温熟成という、マイナス10℃ 前後の超低温で数年間熟成させて“本物の旨み”が乗った日本酒を多く取りそろえた。そうして醸された日本酒は、深みと香り、旨みが増し、同じ醸造酒であるワインに親しんでいる海外の消費者の嗜好をとらえた。加藤の目は常に、一歩先んじた広い市場を見ている。

「梵・プレミアムスパークリング」750ml 7,000円(税抜) 「梵・プレミアムスパークリング」750ml 7,000円(税抜)

「梵・プレミアムスパークリング」750ml 7,000円(税抜)

昭和天皇の御大典の儀に選ばれて以来、「梵」は晴れの場に供される日本酒に多く選ばれてきた。晩餐会などで採用される「梵・超吟」、日本政府専用機に公式に搭載されている「梵・日本の翼」、オバマ元大統領に贈られた「梵・夢は正夢」、そして多くの在外公館に採用されるなど、日本はもとより海外でも、特別なもてなしの場には欠かせない日本酒となっている。

 

海外プロモーションのために、加藤は毎年50回以上もの海外出張をこなすという。その情熱が功を奏し、世界中から、ソムリエやシェフ、バイヤーが鯖江の酒蔵を訪れるようになり、酒蔵ツーリズムにも繋がっている。加藤の夢は、「梵」を世界中へ届けること。世界的な和食、日本酒ブームとはいえ、世界のアルコール市場の中で日本酒のシェアはまだ1パーセントにも満たない。「だからこそ、世界中にチャンスがある。『梵』をいち早く世界に知ってもらえば、『梵』が日本酒の代名詞になる」と加藤は語る。現在、「梵」は105ヶ国に輸出されるなど、まさに世界中が「梵」をもとめている。私から見ると、命を懸けて日本酒を世界中に広げているように見える活動ぶりだ。思いが行動を引き起こし、留まることがない加藤は、有言実行の人である。

 

(平出淑恵 談)


「梵を飲んだ人々全員を幸せにするような、晴れやかな気分になってもらえる酒を造りたいですね」と語る、十一代目 当主 加藤団秀。 「梵を飲んだ人々全員を幸せにするような、晴れやかな気分になってもらえる酒を造りたいですね」と語る、十一代目 当主 加藤団秀。

「梵を飲んだ人々全員を幸せにするような、晴れやかな気分になってもらえる酒を造りたいですね」と語る、十一代目 当主 加藤団秀。

平出淑恵セレクト 「梵」おすすめの2本

梵・超吟
精米歩合20%の純米大吟醸酒を、マイナス10℃ 以下で5年間熟成させた究極の純米大吟醸酒。「素晴らしい香りと深い味わいで、お祝いの席やギフトに喜ばれます。皇室にも供されるとても高貴な1本です。」
種類:純米大吟醸酒
原料米:兵庫県特A地区産契約栽培 山田錦
精米歩合:20%
日本酒度:+2
720ml  10,000円(税抜)

 

梵・プレミアムスパークリング
純米大吟醸の薄にごり生原酒と酵母を、フランス製シャンパン瓶に封じ込め、約1ヶ月間以上、瓶内二次発酵させた後、マイナス10℃で1年以上熟成。「細やかな泡、口の中で広がる香りと旨みで、フレンチにもぴったりです」。

種類:純米大吟醸酒
原料米:兵庫県特A地区産契約栽培 山田錦
精米歩合:20%
日本酒度:+2
750ml  7,000円(税抜)

◆加藤吉平商店
福井県鯖江市吉江町1-11
0778-51-1507

平出淑恵 Toshie Hiraide

1962年生まれ。日本酒の国際化からインバウンドの地方誘客を目指す株式会社コーポ幸 代表取締役。酒サムライコーディネーター。IWCアンバサダー。昇龍道大使(中部・北陸9県のインバウンドアンバサダー)

 

Premium X   酒造りの誇りを胸に。世界が認める日本酒・蔵元選

日本酒の誇りを取り戻し、日本酒文化を日本国内のみならず、広く世界に伝えていくために、若手の蔵元の全国組織「日本酒造青年協議会」が2006年から始められた活動「酒サムライ」。Sake から観光立国をという夢を実現すべく活動する酒サムライ コーディネーター 平出淑恵が選ぶ、日本酒好きなら一度は訪れるべき個性豊かな酒蔵と、そこで味わいたい日本酒を紹介していく。

 

 

(敬称略)

Photography by Haruko Amagata

Stories

Premium X

酒造りの誇りを胸に。世界が認める…

Premium X

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。