ドイツの古城、ノインシュバンシュタイン城と、羽を広げた白鳥を描写した壮大な作品。城の先端には赤銅を施し、全体にタガネで複雑なテクスチャーを加え、奥行き感のある仕上がりとなっている。
「ノイシュバンシュタイン城」ブローチ/ペンダント。K18イエローゴールド・Pt900・赤銅・ダイヤモンド。5,100,000円 税別(参考上代)

Stories

Premium X

アートか工芸か。日本のハイジュエリー

2019.10.25

8. 日本と西洋の美を調和させたジュエラー
「Nobuko Ishikawa」の創造性

ドイツの古城、ノインシュバンシュタイン城と、羽を広げた白鳥を描写した壮大な作品。城の先端には赤銅を施し、全体にタガネで複雑なテクスチャーを加え、奥行き感のある仕上がりとなっている。
「ノイシュバンシュタイン城」ブローチ/ペンダント。K18イエローゴールド・Pt900・赤銅・ダイヤモンド。5,100,000円 税別(参考上代)

ダイナミックなデザインと技巧が特徴だと言われる、欧米のハイジュエリー。翻って、日本のジュエリーには、「繊細」な感性を宿すデザインと、磨き上げられた「緻密さ」という技がある。アートとも、工芸とも評される日本のハイジュエリーが生み出す、心が透過されていくようなジュエリーの輝き。Premium Japanが厳選したブランドを紹介していく。

高度成長期の日本、西洋の衣食住に関わるあらゆる商品や生活様式が日本の一般家庭に広がりだした頃、日本のジュエリーデザインは黎明期を迎えた。石川暢子は西洋の宝飾技法と日本の金工技法を調和させて、美術品にも見まごうようなジュエリー作品に挑戦し始める。1968年に東京藝術大学大学院彫金科を修了した石川は在学中に3回も日展に入選し、その才能は社会に出る前からすでに注目されていた。70年には現・株式会社「Nobuko Ishikawa」(ノブコイシカワ)の前身、有限会社閑ジュウリーを設立。80年代には西ドイツ、オーストリア、イギリス、スイスなど、世界各地の展覧会に招待作家として出品する。

 

ジュエリーデザイナー石川暢子は、「豊かな人生を生きる女性と共鳴するジュエリー」というメッセージを、手のひらに収まる絵画、または彫刻のような作品一つ一つに込めている。「Nobuko Ishikawa」の名を広めた「ヨーロッパ城紀行」シリーズをはじめ、ほかの作品には日本古来の地金である赤銅や四分一、また打ち出し、切嵌象嵌(きりばめぞうがん)、流し象嵌、煮色仕上げ、漆などが用いられ、複雑な形や模様の表現に繋がっている。「Nobuko Ishikawa」を身につける女性は、この素晴らしいジュエリーに共鳴する自分になりたいと思うだろう。

三日月の形の中に桜と萩を描き、草に露と松虫を表した作品。赤銅(黒地の部分)を桜と萩の形に切り抜き、プラチナの桜と18金の萩を隙間なく嵌め込んでいる。これを切嵌象嵌という。グレーの部分は、日本独自の地金、四分一で製作している。 「松虫」帯留/ブローチ/ペンダント。K18イエローゴールド・Pt900・赤銅・四分一・ダイヤモンド。6,800,000円 税別(参考上代) 三日月の形の中に桜と萩を描き、草に露と松虫を表した作品。赤銅(黒地の部分)を桜と萩の形に切り抜き、プラチナの桜と18金の萩を隙間なく嵌め込んでいる。これを切嵌象嵌という。グレーの部分は、日本独自の地金、四分一で製作している。 「松虫」帯留/ブローチ/ペンダント。K18イエローゴールド・Pt900・赤銅・四分一・ダイヤモンド。6,800,000円 税別(参考上代)

三日月の形の中に桜と萩を描き、草に露と松虫を表した作品。赤銅(黒地の部分)を桜と萩の形に切り抜き、プラチナの桜と18金の萩を隙間なく嵌め込んでいる。これを切嵌象嵌という。グレーの部分は、日本独自の地金、四分一で製作している。
「松虫」帯留/ブローチ/ペンダント。K18イエローゴールド・Pt900・赤銅・四分一・ダイヤモンド。6,800,000円 税別(参考上代)

「ヨーロッパ城紀行」シリーズ。2つの都市をつなぐオリエント急行を題材に、列車、ベニスのガス燈や石畳、パリ・オルセー駅のアールデコ様式のドームを描写している。旅情を誘う作品。 「ベニスからパリへ」プローチ/ペンダント。K18イエローゴールド・Pt900・ダイヤモンド・赤銅・七宝。6,700,000円 税別(参考上代) 「ヨーロッパ城紀行」シリーズ。2つの都市をつなぐオリエント急行を題材に、列車、ベニスのガス燈や石畳、パリ・オルセー駅のアールデコ様式のドームを描写している。旅情を誘う作品。 「ベニスからパリへ」プローチ/ペンダント。K18イエローゴールド・Pt900・ダイヤモンド・赤銅・七宝。6,700,000円 税別(参考上代)

「ヨーロッパ城紀行」シリーズ。2つの都市をつなぐオリエント急行を題材に、列車、ベニスのガス燈や石畳、パリ・オルセー駅のアールデコ様式のドームを描写している。旅情を誘う作品。
「ベニスからパリへ」プローチ/ペンダント。K18イエローゴールド・Pt900・ダイヤモンド・赤銅・七宝。6,700,000円 税別(参考上代)


「ヨーロッパ城紀行」シリーズ。オリエント急行の車窓のデザインに、大粒エメラルドが格調高く華麗なジュエリー。窓越しに広がるのはスイスの山々、教会、湖の風景。そして手前にはシェードランプ、オリエント急行のエンブレムからヒントを得たしなやかなリボン。 「車窓にうつる国境の街」プローチ/ペンダント。K18イエローゴールド・Pt900・エメラルド・サファイア・ダイヤモンド・七宝。11,000,000円 税別(参考上代) 「ヨーロッパ城紀行」シリーズ。オリエント急行の車窓のデザインに、大粒エメラルドが格調高く華麗なジュエリー。窓越しに広がるのはスイスの山々、教会、湖の風景。そして手前にはシェードランプ、オリエント急行のエンブレムからヒントを得たしなやかなリボン。 「車窓にうつる国境の街」プローチ/ペンダント。K18イエローゴールド・Pt900・エメラルド・サファイア・ダイヤモンド・七宝。11,000,000円 税別(参考上代)

「ヨーロッパ城紀行」シリーズ。オリエント急行の車窓のデザインに、大粒エメラルドが格調高く華麗なジュエリー。窓越しに広がるのはスイスの山々、教会、湖の風景。そして手前にはシェードランプ、オリエント急行のエンブレムからヒントを得たしなやかなリボン。
「車窓にうつる国境の街」プローチ/ペンダント。K18イエローゴールド・Pt900・エメラルド・サファイア・ダイヤモンド・七宝。11,000,000円 税別(参考上代)

「Nobuko Ishikawa」のアトリエでは、石川暢子が生前に描き残した膨大なデザインを三次元の作品に仕上げるために、日々熟練の職人がこつこつとミリ単位の世界で奮闘している。石川の亡き後もインド・ムンバイのファッションショーやフランス・イッシー・レ・ムリノー市トランプ博物館、京都文化博物館などに招待され、作品を公開している。石川暢子の名は「Nobuko Ishikawa」というブランドとして継承されている。

 

(敬称略)

Nobuko Ishikawa
http://nobukoishikawa.com

Text by Ikuko Watanabe (INK inc.)
Photography by © Nobuko Ishikawa

Stories

Premium X

アートか工芸か。日本のハイジュエ…

Premium X

ページの先頭へ