滋賀県守山市のばら農園「ローズファームケイジ」のWABARA(わばら)

Stories

Premium X

滋賀から世界へ。WABARA(和ばら)の世界

2019.5.14

5. WABARAの魅力をもっと遠くまで伝えたい。届けたい。健一がクリエイトする、新しいばらの愛で方

WABARA(わばら)、それは欧米で作出された華やかなばらにはない、和らぎの表情と、しなやかな強さをあわせ持つばら。滋賀県守山市のばら農園、ローズファームケイジで慈しみながら育てられているWABARAの魅力、そして自然と共にあろうとするローズファームケイジの取り組みを12回に渡って紹介する。

新鮮な摘みたてのばらを箱に詰めて贈る「BOX わばら農園」 新鮮な摘みたてのばらを箱に詰めて贈る「BOX わばら農園」

摘みたての、生き生きと咲くばらを箱に詰めて贈るという健一のアイデア。贈られた人の驚きと喜びを願いながら詰めていく。
BOX WABARA 農園 L ¥12,000(税込 送料別)
https://rosefarm-keiji.net/product/box-nouen-s


2007年、健一が父・啓司とともに事業を始めたとき、まず手掛けたのはウェブサイトの立ち上げだった。独学で制作から日々の更新など運営までたずさわった。それには理由があった。これまでの卸売りのみでは、消費者の顔は見えないまま。健一がウェブサイトを試みたのは、もっと多くの人に父の作るばらを知ってもらいたいという思い、そして直接ばらを届けたかったからだ。

 

ウェブサイトの構築による新たな展開は、まさに健一の思いに適うものだった。写真の「BOX わばら農園」は人気商品のひとつ。新鮮な摘みたてのばらを箱に詰めて贈るというプレゼンテーションのユニークさが話題となった。そのほか定期的に届ける「わばら花束の定期便」など、健一のアイデアでWABARAは少しずつ歩み始めた。父の作ったばらを多くの人に知ってもらうという健一の夢が叶っていく、はじまりの一歩だった。

 

(敬称略)

 

WABARA ONLINE SHOP
https://rosefarm-keiji.net/products/

Photography  ©︎ Rose Farm KEIJI

Stories

Premium X

滋賀から世界へ。WABARA(和ばら)…

Premium X

ページの先頭へ