読めますか?珍しい名字「栗花落」さん つゆりさん読めますか?珍しい名字「栗花落」さん つゆりさん

Experiences

Premium Calendar

珍しい名字を知る

2023.7.20

読めますか?珍しい名字「栗花落」さん くりはなおつ?とは読みません




















大阪府、兵庫県、香川県など、西日本でみられるお名前、栗花落さん。全国でも約70名ほどしかいない珍しい名前です。栗の花は5月から6月の季語。栗の花が咲き、散るのが6月ごろであり、ちょうど梅雨入りの時期と重なるため、この名が付いたとか。

 

 

また、現在の兵庫県神戸市北区山田町原野に、悲恋の伝説を持つ「栗花落の井」という井戸があるそう。

 

 

第47代淳仁天皇に仕えていた山田左衛門尉真勝は、時の左大臣の姫君、白滝姫に思いを寄せました。歌を送ってもつれない姫でしたが、不憫に思った淳仁天皇が仲を取り持ち、真勝と白滝姫を夫婦にしました。真勝は姫を故郷に連れ帰りましたが、出産後、姫は亡くなってしまいます。

 

 

白滝姫を弔うため、邸内に社を建立。そのすぐそばに水が湧くようになったとか。白滝姫が亡くなった梅雨時期になると、こんこんと水が湧くようになったことから、真勝は氏名を栗花落に改称したと、伝えられています。











栗花落 = つゆり

 

 

「栗花落」は、つゆりと読む名字です。元々はつゆいり、と呼んでいたそうです。現在では、つゆり、もしくは、つゆと読む名字です。

 

 

 










「珍しい名字を知る」とは
日本の名字は、読み方の違いまで含めれば30万ほど存在すると言われています。中でも珍しい名字、その読み方や由来、現在でも多く存在するエリアも合わせてご紹介していきます。

 

 






参考図書:難読苗字辞典 新藤正則著 湘南社、47都道府県・名字百科 森岡浩著 丸善出版

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Experiences

Premium Calendar

2024.2.28

読めますか?珍しい名字「七五三田」しちごさんではありません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.16

読めますか?珍しい名字「陸上」 “りくじょう”とは読みません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.2

読めますか?珍しい名字「所神根」しょかみね とは読みません

Experiences

Premium Calendar

2024.1.24

読めますか?珍しい名字「箕土路」みのどろ?さんではありません

Experiences

Premium Calendar

2024.1.18

読めますか?珍しい名字「毒島」 どくじま とは読みません

Premium Calendar

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。