立春 東風解凍 = はるかぜこおりをとく立春 東風解凍 = はるかぜこおりをとく

Experiences

Premium Calendar

日本の暦「七十二候」を知る

2024.2.4

読めますか?「東風解凍」“とうふう” でも“ひがしかぜ”でもありません











七十二候「東風解凍」とは……

 

 





暦の上では春となる立春の初候。寒さが緩み、早春の風とともに冬の寒さで凍っていた湖や池の氷が解けはじめる、そんな時期が東風解凍です。
 

古来中国では春の到来を象徴する風とされていた東風は、こち、あゆ、とうふうと読まれ、俳句でも春の季語として詠まれていました。小林一茶の「夕東風に吹れ下るや女坂」、正岡子規の「初東風をうしろにうけて凧」、松尾芭蕉の「あち東風や面々さばき柳髪」など多くの作品で見られます。

 

 

 

 

 

 





東風解凍 = はるかぜこおりをとく

七十二候「東風解凍」は、はるかぜこおりをとくと読みます。

二十四節気:立春
七十二候:東風解凍
2月4日~2月8日ごろ

 






日本の暦「七十二候」を知る
日本の季節は春・夏・秋・冬の四つだけではなく、初春の立春から始まり、晩冬の大寒に終わる二十四節気、さらに二十四節気をそれぞれ三つに分けて一年を72等分した、七十二候という細分化された季節のカレンダー「暦」とともに進行していきます。細やかな季節の移り変わりをあらわす七十二候と、その漢字の読み方も合わせてご紹介します。

 

 

 



参考図書:「365日にっぽんのいろ図鑑」暦生活著 玄光社刊、「くらしを楽しむ七十二候」 広田千悦子著 光文社刊

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Experiences

Premium Calendar

2024.2.20

読めますか?「土脉潤起」最初の読みは「つち」から始まります

Experiences

Premium Calendar

2024.2.14

読めますか?「魚上氷」“ぎょじょうひょう”とは読みません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.9

読めますか?「黄鶯睍睆」ヒントは“う”のつく鳥の行動です

Experiences

Premium Calendar

2024.1.30

読めますか?「鶏始乳」トリとは読まず、ニワトリから始まる呼び名です

Experiences

Premium Calendar

2024.1.25

読めますか?「水沢腹堅」最初の水沢は「みずさわ」と読みません

Premium Calendar

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。