穀雨 葭始生 あしはじめてしょうず穀雨 葭始生 あしはじめてしょうず

Experiences

Premium Calendar

日本の暦「七十二候」を知る

2023.4.19

読めますか?「葭始生」











季節は進み、春ももうすぐ終わりを迎えます。それが二十四節気の「穀雨」のころ。空気も水も温み、夏や秋の収穫のために、農作業に精を出すころでもあります。

 

葭は水辺に多く見られるイネ科の植物。日本の在来種であるといわれています。春にぐんと背を伸ばし、条件がよいと3~5mもの高さに。夏にかけて花をつけます。






葭始生 = あしはじめてしょうず

七十二候「葭始生」は、あしはじめてしょうずと読みます。

 

 

 

二十四節気:穀雨
七十二候:葭始生
時期:4月19日~4月24日ごろ






日本の暦「七十二候」を知る
日本の季節は春・夏・秋・冬の四つだけではなく、初春の立春から始まり、晩冬の大寒に終わる二十四節気、さらに二十四節気をそれぞれ三つに分けて一年を72等分した、七十二候という細分化された季節のカレンダー「暦」とともに進行していきます。細やかな季節の移り変わりをあらわす七十二候と、その漢字の読み方も合わせてご紹介します。

 

 

 



参考図書:「365日にっぽんのいろ図鑑」暦生活著 玄光社刊

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Experiences

Premium Calendar

2024.2.24

読めますか?「霞始靆」かすみしうん?とは読みません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.20

読めますか?「土脉潤起」最初の読みは「つち」から始まります

Experiences

Premium Calendar

2024.2.14

読めますか?「魚上氷」“ぎょじょうひょう”とは読みません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.9

読めますか?「黄鶯睍睆」ヒントは“う”のつく鳥の行動です

Experiences

Premium Calendar

2024.2.4

読めますか?「東風解凍」“とうふう” でも“ひがしかぜ”でもありません

Premium Calendar

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。