小満 蚕起食桑 かいこおきてくわをはむ小満 蚕起食桑 かいこおきてくわをはむ

Experiences

Premium Calendar

日本の暦「七十二候」を知る

2023.5.19

読めますか?「蚕起食桑」美しいシルク糸を作り出す虫です










 

 

 

 





木々も草花も成長が著しいころ。二十四節季は小満になりました。桑畑も青々とした葉で満たされ、収穫に精を出すころです。その葉を食むのはお蚕さん。成長に合わせて食べる桑の葉の量も増えていくため、お世話する養蚕農家も大忙しです。

 

 

 

かつて日本国中で盛んだった養蚕も、2022(令和4)年には養蚕農家は全国でも20軒を切っていることがわかっています。きものを着なくなったこと、海外から手ごろな価格の絹が手に入ることで構造自体が大きく変化してしまいました。お蚕さんと共存した里の暮らしは、遠くなっていきます。

 

 

 

 





蚕起食桑 = かいこおきてくわをはむ

 

七十二候「蚕起食桑」は、 かいこおきてくわをはむと読みます。

 

 

 

 

二十四節気:小満
七十二候:蚕起食桑
時期:5月20日~5月25日ごろ

 






日本の暦「七十二候」を知る
日本の季節は春・夏・秋・冬の四つだけではなく、初春の立春から始まり、晩冬の大寒に終わる二十四節気、さらに二十四節気をそれぞれ三つに分けて一年を72等分した、七十二候という細分化された季節のカレンダー「暦」とともに進行していきます。細やかな季節の移り変わりをあらわす七十二候と、その漢字の読み方も合わせてご紹介します。

 

 

 



参考図書:「365日にっぽんのいろ図鑑」暦生活著 玄光社刊

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Experiences

Premium Calendar

2024.3.1

読めますか?「草木萌動」くさきほうどう?ではありません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.24

読めますか?「霞始靆」かすみしうん?とは読みません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.20

読めますか?「土脉潤起」最初の読みは「つち」から始まります

Experiences

Premium Calendar

2024.2.14

読めますか?「魚上氷」“ぎょじょうひょう”とは読みません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.9

読めますか?「黄鶯睍睆」ヒントは“う”のつく鳥の行動です

Premium Calendar

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。