玉蜀黍色(とうもろこしいろ)玉蜀黍色(とうもろこしいろ)

Experiences

Premium Calendar

日本の伝統色を知る

2023.7.25

読めますか?日本の伝統色「玉蜀黍」夏が旬。焼いても茹でても美味しいです













イネ科の一年生植物であり、太くてまっすぐ伸びた茎と大きな葉に黄金色の実を結ぶ玉蜀黍。その粒列の数は必ず偶数になるといわれており、先端から伸びる絹糸も粒の数と同じです。食欲をそそるような黄と橙が混ぜ合わさった温かみのある色彩は、江戸中期にあたる安永・天明の頃に流行したそうです。甘みが強くてみずみずしい世界三大穀物です。

 

 

その金色から「財宝」「豊富」といった花言葉を持ちます。

 

 

 

 

 

 





玉蜀黍 = とうもろこし

 

 

英名ではSweetcorn、Sugarcorn。それが「玉蜀黍」。とうもろこしと読みます。







DIC-N791/玉蜀黍色(とうもろこしいろ)




「日本の伝統色を知る」とは
美しい日本の伝統色、その漢字の読み方、色の背景なども合わせてご紹介していきます。いにしえから紡いできた日本の感性をともに味わってみましょう。

 

 


参考図書:「美しい日本の伝統色」PIEインターナショナル刊、「365日にっぽんのいろ図鑑」暦生活著 玄光社刊
参考色見本:DIC 日本の伝統色

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Experiences

Premium Calendar

2024.2.27

読めますか?日本の伝統色「璃寛茶」るかんちゃ?ではありません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.23

読めますか?日本の伝統色「虫襖」むしふすま?とは読みません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.22

読めますか?日本の伝統色「黄朽葉」最初の読みは「き」から始まります

Experiences

Premium Calendar

2024.2.21

読めますか?日本の伝統色「呂色」“ろしょく”ではありません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.17

読めますか?日本の伝統色「櫨染」ヒントは「は○ぞ○」と読みます

Premium Calendar

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。