朱華(はねず)朱華(はねず)

Experiences

Premium Calendar

日本の伝統色を知る

2023.9.13

読めますか?「朱華」しゅかとは読みません。京都で小野小町をテーマにした踊りの衣装の色













紅花の赤にクチナシの黄を掛け合わせた、やや黄味よりのあたたかみを感じる濃い赤色。退色しやすい色であったため、『万葉集』の大伴坂上郎女の歌では「思はじと言いひてしものを朱華色のうつろひやすき吾が心かも」と、移ろいやすい心にかけて歌が詠まれています。朱華は「唐棣」「棠棣」「翼酢」といった字が当てられることもありました。





朱華 = はねず

 

 

小野小町ゆかりの地である京都・随心院では、毎年3月にはねず色の衣装を着て踊る「はねず踊り」が開催されます。「朱華」は、はねずと読みます。







DIC-N961/朱華(はねず)




「日本の伝統色を知る」とは
美しい日本の伝統色、その漢字の読み方、色の背景なども合わせてご紹介していきます。いにしえから紡いできた日本の感性をともに味わってみましょう。

 

 


参考図書:「美しい日本の伝統色」PIEインターナショナル刊、「365日にっぽんのいろ図鑑」暦生活著 玄光社刊

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Experiences

Premium Calendar

2024.2.21

読めますか?日本の伝統色「呂色」“ろしょく”ではありません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.17

読めますか?日本の伝統色「櫨染」ヒントは「は○ぞ○」と読みます

Experiences

Premium Calendar

2024.2.15

読めますか?日本の伝統色「蘇芳」最初の音は「す」から始まります

Experiences

Premium Calendar

2024.2.13

読めますか?日本の伝統色「金糸雀色」金糸は「きんし」とは読みません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.7

読めますか?日本の伝統色「沈香茶」“ちんこうちゃ”とは読みません

Premium Calendar

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。