黄櫨染(こうろぜん)黄櫨染(こうろぜん)

Experiences

Premium Calendar

日本の伝統色を知る

2023.9.5

読めますか?「黄櫨染」きろぞめ?とは読みません。天皇陛下だけに許された色です













櫨の木の黄と蘇芳の赤、酢、灰汁などで染めた暗い黄赤色の黄櫨染は、天皇が重要な儀式に着用する「絶対禁色」と呼ばれる色であり、今日でも天皇以外着ることが許されていない由緒正しい伝統色です。天皇が袖を通す黄櫨染の袍は、陽の光に当たったとき、あるいは灯火の下にあるときで絶妙に色調が変化するといわれており、大変難易度の高い染め色とされています。





黄櫨染 = こうろぜん

 

 

2019年(令和元年)に行われた天皇の即位礼正殿の儀では、海外メディアから「brown-gold」と表現されました。「黄櫨染」は、こうろぜんと読みます。







DIC-N770/黄櫨染(こうろぜん)




「日本の伝統色を知る」とは
美しい日本の伝統色、その漢字の読み方、色の背景なども合わせてご紹介していきます。いにしえから紡いできた日本の感性をともに味わってみましょう。

 

 


参考図書:「美しい日本の伝統色」PIEインターナショナル刊、「365日にっぽんのいろ図鑑」暦生活著 玄光社刊

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Experiences

Premium Calendar

2024.2.27

読めますか?日本の伝統色「璃寛茶」るかんちゃ?ではありません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.23

読めますか?日本の伝統色「虫襖」むしふすま?とは読みません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.22

読めますか?日本の伝統色「黄朽葉」最初の読みは「き」から始まります

Experiences

Premium Calendar

2024.2.21

読めますか?日本の伝統色「呂色」“ろしょく”ではありません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.17

読めますか?日本の伝統色「櫨染」ヒントは「は○ぞ○」と読みます

Premium Calendar

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。