杜若色(かきつばたいろ)杜若色(かきつばたいろ)

Experiences

Premium Calendar

日本の伝統色を知る

2023.5.29

読めますか?日本の伝統色 「杜若色」土に咲くのは菖蒲、水辺に咲くのが杜若です












 

 

きりりとまっすぐ伸びた茎からこぼれる紫の花。杜若はアヤメ科の多年草で、沼や池など水辺で生息する植物です。見分けがつきにくい菖蒲と杜若ですが、水辺に咲いているのが杜若、と覚えてください。赤みの強い紫の花と葉の濃い緑のコントラストがすっきりと美しく、5月から6月にかけてが見ごろです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





杜若色 = かきつばたいろ

 

ヴィヴィッドな紫が美しい「杜若色」。かきつばたいろと読みます。







DIC-N920/杜若色(かきつばたいろ)




「日本の伝統色を知る」とは
美しい日本の伝統色、その漢字の読み方、色の背景なども合わせてご紹介していきます。いにしえから紡いできた日本の感性をともに味わってみましょう。

 

 


参考図書:「美しい日本の伝統色」PIEインターナショナル刊、「365日にっぽんのいろ図鑑」暦生活著 玄光社刊
参考色見本:DIC 日本の伝統色

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Experiences

Premium Calendar

2024.2.27

読めますか?日本の伝統色「璃寛茶」るかんちゃ?ではありません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.23

読めますか?日本の伝統色「虫襖」むしふすま?とは読みません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.22

読めますか?日本の伝統色「黄朽葉」最初の読みは「き」から始まります

Experiences

Premium Calendar

2024.2.21

読めますか?日本の伝統色「呂色」“ろしょく”ではありません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.17

読めますか?日本の伝統色「櫨染」ヒントは「は○ぞ○」と読みます

Premium Calendar

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。