躑躅色(つつじいろ)躑躅色(つつじいろ)

Experiences

Premium Calendar

日本の伝統色を知る

2023.5.24

読めますか?日本の伝統色 「躑躅色」都会でもよく見かける鮮やかな花木です












 

 

春から初夏への間、目にも鮮やかな躑躅が咲き誇ります。街中で生垣などに多く見かけるのは、耐暑性や耐寒性にすぐれているからです。赤、白、ピンクと様々な色がありますが、やはり思い浮かべるのは、濃い紫がかったピンクでしょう。アジア原産の植物で、日本原種のものも数十種類が確認されています。日本でも古くから愛されている花木です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





躑躅色 = つつじいろ

 

英語ではAzalea pink。それが「躑躅色」。つつじいろと読みます。

 







DIC-N935/躑躅色(つつじいろ)




「日本の伝統色を知る」とは
美しい日本の伝統色、その漢字の読み方、色の背景なども合わせてご紹介していきます。いにしえから紡いできた日本の感性をともに味わってみましょう。

 

 


参考図書:「美しい日本の伝統色」PIEインターナショナル刊、「365日にっぽんのいろ図鑑」暦生活著 玄光社刊
参考色見本:DIC 日本の伝統色

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Experiences

Premium Calendar

2024.2.21

読めますか?日本の伝統色「呂色」“ろしょく”ではありません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.17

読めますか?日本の伝統色「櫨染」ヒントは「は○ぞ○」と読みます

Experiences

Premium Calendar

2024.2.15

読めますか?日本の伝統色「蘇芳」最初の音は「す」から始まります

Experiences

Premium Calendar

2024.2.13

読めますか?日本の伝統色「金糸雀色」金糸は「きんし」とは読みません

Experiences

Premium Calendar

2024.2.7

読めますか?日本の伝統色「沈香茶」“ちんこうちゃ”とは読みません

Premium Calendar

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。